水素を体に取り入れる

水素を体内に

水素を体に取り入れる事が健康への近道

水素を体に摂りいれる水素を体に摂りいれる目的は抗酸化

 

活性酸素の害から体を防ぐ抗酸化物質は数あるサプリメントの分野でも一大分野となっています。
活性酸素の有害があらゆる病気の原因となり、老化促進の極大の原因でもある事がわかってきたため、人々の関心が抗酸化物質に集まったのです。

 

 

アンチエイジングやアンチオキシダントという言葉は抗酸化物質に深い関連があります。

 

この抗酸化という作業を効率的に行える水素が注目され始めたのが、ここ数年の出来事なのです。

 

 

 

詳細はこちら抗酸化で有名なのがビタミンC、ビタミンEですね。次いで、ピクノジェノールやタヒボなどの木の樹脂や皮から作られる抗酸化成分も注目されています。

 

強力な抗酸化力がある水素

水素を体に取り入れる事が健康への近道

 

さて、抗酸化物質は数多くあります。にもかかわらず、水素が騒がれているのはなぜでしょうか。

 

その理由は抗酸化力の強さです。水素は他の抗酸化物質よりもはるかに抗酸化力が強いのからです。

 

同じ分子量の抗酸化物質と比較した場合、水素は比べものにならないくらい抗酸化力が存在します。

 

 

効率よく抗酸化が可能な水素

血液脳関門というフィルタがあります。この血液脳関門とは脳に有害な物質が侵入してこないようにフィルタの役目を果たしています。これは素晴らしい体の仕組みでありますが、多くの抗酸化物質もフィルタで遮断されてしまいます。

 

 

抗酸化物質が遮断されてしまうということは、活性酸素による脳へのダメージを防止できないということです。
抗酸化物質が遮断されてしまうのは分子量が大きいことが原因です。大きすぎて、通り抜けられないのです。

 

 

対して水素は極めて小さいため、容易に血液脳関門に侵入することができるのです。極めて小さいという水素の特性は体のあらゆる部分で抗酸化力を発揮できることになります。このような抗酸化物質は重要です。

 

もうひとつ、抗酸化物質は活性酸素を除外し、役目を果たした後も体に残ります。

 

今度はこの役目を果たした抗酸化物質を排出するなりの処理が必要になりますが、この処理は体に負担をかける場合があり、有害となる可能性もあります。

 

対して水素は酸素と結合して、無害な水となりますから安全性にも優れているのです。

 

 

水素サプリメントの種類

水素サプリメントですが、ふたつの種類があります。 ひとつは水素水という水素を多量に含んだ水です。

 

もうひとつはカプセルに入った粉末のもので、体内で水素を発生する性質があるものです。ここ数年で水素サプリメントも多くなったため、いろいろな製品から選べるようになりました。

 

水素サプリメントは高価である場合が多いのですが、アンチエイジングが目的ならば、まずはじめに検討する価値があるサプリメントだと思います。

 

 

 

 

水素サプリで検索ぅーしてみます

水素を体に取り入れる事が健康への近道

詳細はこちら