水素サプリの種類

水素サプリの種類いろいろ

水素サプリの種類いろいろ|ピンからキリまで

こんな毎日を送っているかたへ最適な健康食品のご紹介

 

水素サプリの種類

水素サプリメントの役割は抗酸化です。

 

つまり、活性酸素を排除して若さを保つことです。

 

この水素サプリメントの人気について考えると、いかに抗酸化物質への注目が高くなっているかがわかります。

 

抗酸化物質がビタミン、ミネラルなどと同じように必須栄養素の一つとして考えられていることがわかります。

 

 

ただ水素サプリメントといっても色々な製品が販売されているため、どの製品にするか迷うところです。水素の抗酸化力はあらゆる抗酸化物質の中で、特に優れています。

 

この強力な抗酸化力を十分に発揮できる製品を選びたいものです。ここでは、水素サプリメントの種類とメリットを説明します。

 

 

水素サプリメントの形態

水素サプリメントにはいくつかの種類があり、下記のようなものが販売されています。

 

カプセルまたは錠剤、水素を多く含んだ水、自宅で水素水を作ることができる水素スティック、
水素水サーバー カプセルまたは錠剤の水素サプリメント 水素を多く含んだ水(いわゆる水素水) 最も扱いが簡単な種類です。

 

 

他のサプリメントと同じように扱えます。

 

価格はやや高価ですが、水素水と比較して水素含有量が多いことが特徴です。

 

水素サプリの種類いろいろ|ピンからキリまで

 

水素スティック

活性水素水という名目で販売されている種類です。 手軽に水素を補給できますが、毎日飲む場合は場所をとることが問題です。

 

一見安価なように思えますが、毎日飲んだ場合はコストが高くなります。
製品によりますが、含まれている水素の量もカプセルや錠剤の方が多量です。

 

 

水素水サーバー

水素を発生させるスティックを水に浸すことで、水素水をつくる種類です。

 

某試験によると、ほとんど水素が溶存していなかった製品もあり、あまり積極に選びたくありません。

 

水素水を自宅でつくることができる水素水サーバーです。
オフィスや公共機関には飲料水のサーバーがおいてあることがあります。あれと同じ種類です。

 

飲料水サーバーと同じように購入することもできますし、レンタルも可能です。

 

一度購入してしまえば水素水を大量に使用できるところは利点だと思います。逆に初期コストが高価であることが問題でしょうか。

 

 

おすすめの水素サプリ

水素をしっかり体に取り入れたいと考えた場合、いちばん気になるのは水素溶存量です。

 

この水素溶存量とコストから考えた場合、カプセルもしくは錠剤の水素サプリメントが最もバランスが良いと思います。

 

私の場合、カプセルの水素サプリメントを利用しています。 水素というと、有名なパトリックフラナガン博士が研究対象としたフンザの水が有名です。

 

ヒマラヤ山脈の近辺に長寿で有名なフンザという村があります。
このフンザ村の長寿の秘密を解明したのがフラナガン博士の研究です。

 

この研究でわかったことは「フンザの水は極めて高濃度の水素を含んでいる」ことです。

 

私の利用している水素サプリメントは、このフンザの水を再現したもので、特別な方法でシリカを水素化したものです。
水に溶かすと大量の水素の気泡が発生します。